毎日毎日寒いですね。

今日は、たまたまこんな

記事を見かけました。

バイタリティー・エアー!

 

どんな空気なんだろ?

そう思いませんか?

 

実は、ボトル入りの新鮮な

空気の事らしいのです。

ボトル入りの空気・・・。

 

空気が売れる世の中です。

 

なんでも、大気汚染

深刻化している中国

カナディアンロッキーの

きれいな空気をボトルに

詰めて輸出との事です。

canada-bottled-air

 

この会社を立ち上げる

きっかけになったのは

ネットオークションに出品した

袋詰めの空気が99セント

落札された事らしいんです。

 

こういう経緯があって

空気の商品化を思い立ったと

いうからスゴイですね。

 

 

なるほど、大気汚染の

深刻な場所にきれいな

空気のボトルですか。

 

しかも、1本14~20ドルとか。

日本円だと1700円~2400円

 

高い!高いです!

 

それでも予約が入るくらい

売れ行きは好調らしいですね。

 

空気が売れるのか・・・。

 

と、調べてみたところ

中国国内でも別の会社が

1缶75円とかで販売して

いたみたいですね。

84dc84c1-s

空気の汚染されていない

台湾等の空気を缶にして販売。

 

あ、日本でも富士山の空気とか

売ってるみたいですよ。

お値段500円~らしいです。

img5e5f673ezikezj

 

昔、お茶や水が自販機に並んだ時

お茶とか水で100円←当時の自販機は

100円だったと思います。

 

そんな値段で買わないもの

思われていたものが、今では

すごく沢山の種類が出されています。

 

そのうち、〇〇の空気缶とか

世界各地の空気缶が販売されたり

するかもしれませんね。

 

そう考えると、ほんとに

なんでもビジネスになりますね。